CIO マグネット3in1モバイルバッテリー レビュー/感想

ガジェット
まるふぉい
まるふぉい

お久ぶりの更新です
クラウドファンディングで大好評だった後に一般販売もされたCIOのモバイルバッテリーをぶっちゃけレビューします。

結論からのお話。
購入前にタイムスリップしたとして、買うか買わないか…

私は買いません…



決して欠陥があるとかそんなんじゃないんです。
理由を含めてレビューしていきましょう…

マグネットモバイルバッテリーの特徴

このモバイルバッテリーの特徴として

・Magsafe対応のiPhoneが充電できる
・AppleWatchが充電できる
・AirPodsなどワイヤレス対応の小型デバイスが充電できる

が挙げられます

充電端子はUSB-C
バッテリー残量は4段階のランプで知らせてくれます

GoodポイントとBadポイント

申し訳ないですがかなり正直に思ったポイントさらけ出します

Goodポイント

iPhoneやAppleWatch、イヤホンなどすべて1台で完結できる
比較的軽い
スマホスタンドとしても利用可能
パススルー充電に対応している

ただのワイヤレスモバイルバッテリーは今までも多く出てきておりましたが…
AppleWatchも充電できるのはかなり画期的です
Appleユーザーとしては買うしかなかったですね!

マグネットでひっつく為そのままスタンドとしても利用できます。
もちろん充電してなくてもOK

Badポイント…

Magsafeで充電できない
容量は5000mAhとほどほど、充電スピードはイマイチ
磁力が残念
塗装が剝がれやすい
充電時かなり熱くなる

Magsafeで充電できない

磁石でくっつくのにMagsafeで充電できないってどういうことだ?
と思うかもしれません。
確かにくっつくがMagsafe充電時のアニメーションが流れない。
こういうやつ

MagsafeのW数は15W
これに対しモバイルバッテリーは5Wと明らかにMagsafeではない

amazonページをよく見てみると、
Magsafeに対応したスマホが充電できるモバイルバッテリー
なだけであってモバイルバッテリー自体がMagsafeになっているとは一言も言っていないんです…

いやこれは仕方ないと思うんよ…
自分も勘違いした側だが、メーカー側に立って考えても適切な表現が思い浮かばない。

容量は5000mAhとほどほど、充電スピードはイマイチ

私が所持しているのはiPhone13です
フル充電は正直厳しいところ。

ただ1日外出する分には十分でしょう。
充電スピードに関してはうーん…な感じ。
使用しながらだとほぼほぼ充電のパーセンテージが増えません。

磁力が残念

MagSafeには到底及ばない磁力、iPhoneを充電しながらポケットに入れようもんならいつの間にか外れてます
Apple Watchでもご覧の通り。
バッテリーだけ持てばスルッと落ちちゃいます。


塗装が剥がれやすい

乱暴な扱い方もせず、バッグの生地と擦れ合うくらいでこの剥がれ具合…
バッテリーの端が汚れのように見えてしまいます

まるふぉい
まるふぉい

最初は本当に汚れかと思ってアルコールティッシュでゴシゴシしちゃいましたw

充電時かなり熱くなる

モバイルバッテリー然りルーター然り熱くなりやすいのは重々承知ですが想像以上でした。
火傷するレベルではありませんが、カイロより熱い?って感じるくらい。
ちょっと不安は感じましたね

まとめ

クラウドファンディングの後に製品化するにはちょっと早かったんじゃないかなという印象でした。

こちらに加えて、Apple WatchのWatch OS8.3では充電できない様子。
私は一旦アップグレードを控えています。

1/12追記
こちらのページよりWatch OS 8.3に対応させるための修理対応を行っているようです。
【重要】ハイブリッドワイヤレスバッテリー/チャージャーの修理対応についてのご案内
無料でしてくれるとは神対応。

Amazonでは入荷予定なし、レビューもちょっと残念なことになってますね..

AppleWatchのマグネットと併用させる技術はかなり難しいとは思いますが、次回作に期待です!

まるふぉい
まるふぉい

今回挙げたBadポイントが解消されそうなら次回も買って見ようかな!

関連リンク

[レビュー/感想]3in1ワイヤレス充電器 Anker PowerWave+

コメント

タイトルとURLをコピーしました