【速度レビュー】Archer AX23V ミニサイズのハイパワールーター

Wi-Fiルータ
まるふぉい
まるふぉい

お疲れ様です、まるふぉい(@malfoynet)です
TP-Link Japanより発売しているコンパクトサイズのルーター
Archer AX23Vをレビューしていきます

Wi-Fi6対応かつ5Ghz、2.4Ghz合計が1.8Gbpsにも関わらず、文庫本サイズのシリーズ最小サイズとなる製品

Amazon限定モデルとなっていますが、お値段もお手頃なので導入しやすいのが醍醐味
EasyMeshにも対応しているのでWi-Fiが届かないことも解消できるでしょう

記事執筆時点ではなんと4,000円以下で販売…

※メーカー様より商品をご提供いただきレビュー記事を作成しております。
利用して感じた正直な部分も掲載していきます。

Archer AX23Vの特徴

前述の通り、コストパフォーマンスや置き場所に困らないルーターとなります
結論、こんな方に打ってつけかもしれません
・一人暮らしだけどある程度のネット環境は整えたい
・3~4LDKくらいで家族で利用、接続機器が大量ではない程度

その他の特徴はこちら

Wi-Fi6に対応
・Wi-Fi範囲目安が4LDKと広い
・速度も十分
IPv6 IPoEに対応
EasyMeshに対応
・縦置き、壁掛けの2Way仕様
・3年の長期保証

WAN接続タイプは下記に対応しており、IPv6(IPoE)でもほとんどのプロバイダ契約がカバーできるのではないでしょうか。

動的IP/静的IP/PPPoE/PPTP/L2TP
v6プラス/DS-Lite/MAP-E(OCN)

Ds-liteの場合、v6コネクトは対応していないようですのでご注意ください
もう少しハイスペックなルーターであれば、下記がオススメです

Easy Meshを活用するのもいいですが、
広いWi-Fi範囲をカバーしたいのであれば、Decoシリーズもオススメ

製品の外観・付属品

付属品はこちら

・Archer AX23V 本体
・ACアダプタ
・スタンド
・LANケーブル
・かんたん設定ガイド

本体

本体のサイズはこちら
冒頭で述べたように文庫本サイズで非常にコンパクトです。

パッと見た感じだけでも小さい!がまず印象としてやってきました。
限られたスペースでも大活躍しそうです

まるふぉい
まるふぉい

LANポートの数も他機種と変わらず、用意されていますね!

電源ボタンが存在しておらずなので、ACアダプタを挿したら電源オンになる仕組み。

LANケーブル

LANケーブルはカテゴリー5eのものが付属されていました。
WANポートが1Gbpsなので最大限のスピードが発揮できるスペックです。

長さは約1mほどでした。

本体正面はこちら
各ランプのデザインが今までと変わってる気がします。
NTTのVDSLモデムを彷彿させました。

設定してみた

そもそも、電源を入れてしばらくすると自動判別をしてくれたのか、そのままネットに繋がりました。

まるふぉい
まるふぉい

とはいえ、契約回線によっては設定が必要な場合もありますね。
念のため設定してみましょう。

スマートフォンアプリ「tether」で設定も可能です
個人的な所感としては、アプリを使ってもブラウザ経由で設定してもどちらでも…でした。

決してネガティブな理由ではなく、どちらも簡単に済んであまり差はない。という印象です

まるふぉい
まるふぉい

気分で好きな方を選択していいと思います!

v6プラスにも対応しており、問題なく設定ができました

電波距離と通信速度

実際に64.0m²(3LDKの間取り)で利用し、
・どれくらい電波キャッチが確保できるのか
・通信速度はどれくらいか


この2点を検証していきます

Wi-Fi電波の範囲

公式HPの仕様情報によるとWi-Fi範囲は4LDKとなっています

まるふぉい
まるふぉい

各部屋が何畳なのかによって大きく変わりそうなので、目安として捉えた方が良さそうです

今回は3LDK(64.0m²)のリビングに設置

まるふぉい
まるふぉい

数値が大きいほど電波強度が強いことになります
結果はこちら

・リビング(ルーター設置部屋)
かなり広い畳数になるので、ここに限り2カ所で計測します。

ルーターの近く…890
ルーターから離れた場所…585


・和室

534


・洋室

568

いずれもiPhoneの電波本数がMAXを維持したままでした。
3LDK(64.0m²)でも十分な電波強度です。
公表スペックが4LDKであるように、もう少し広くても一般利用には耐えれそうな気がします。

まるふぉい
まるふぉい

家の形状や材質等にも変わるかと思いますので、
あくまでも参考値で捉えるようお願いいたします

場所別での速度比較

実際の速度の前に一度PCとのリンク速度を見てみます
Windows11から見てみました。

まるふぉい
まるふぉい

上位機種、Archer AX80は(721/961Mbps)とさすがに少々差が出ます
とはいえ十分なリンク速度が出ていますね

電波強度と同様に、下記4箇所でそれぞれ複数回計測した平均値を出していきます

・リビング(ルーター設置部屋)複数箇所平均
・和室
・洋室
・洋室②

まずはルーターを設置しているリビングです

リビング

速度
複数回計測の下り平均速度376Mbps
複数回計測の上り平均速度311Mbps

和室

この部屋はリビングと隣り合った部屋で、隔てた壁もあまりありません

速度
複数回計測の下り平均速度341Mbps
複数回計測の上り平均速度311Mbps

洋室

こちらは玄関よりになり、リビングからも離れかなり隔てる壁が多いです。

速度
複数回計測の下り平均速度317Mbps
複数回計測の上り平均速度209Mbps

どの部屋でも速度に大きな差はなく、動画視聴なども問題ありませんでした。

同回線で上位機種のArcher AX80を利用した際は下り500~600Mbpsが多く出ました。
やはり差が出ますが、
一般的な動画視聴やネットサーフィン程度なら実感は変わらないという印象です

製品のメリットと気になる点

最後にメリットと気になる点を紹介していきます

・Wi-Fi6、IPv6(IPoE)など
 新しい規格に対応
・一般家庭なら十分なスペック
・良心的な価格帯
・EasyMesh対応

・接続台数数十台なら心元ないかも
・v6コネクトには非対応
・簡易NASは非対応

4,000円以下(記事執筆時点)で購入ができて、必要十分な機能が備わっています
ルーターを購入するとついオーバースペックになりがちですが、一般的なご家庭に良い製品ではないでしょうか。

まるふぉい
まるふぉい

「ちょうどいい」が似合う製品ですね
大は小を兼ねるも良いんですが、ご時世的にも無駄遣いはなくしていきたいところです

EastMeshにも対応しているので、ちょっと電波距離が足りない
なんてことがもしあれば、対応の中継器やルーターを増設して調整できるのも醍醐味です。

もうちょっとハイスペックな方がいいかも。
なんて方はこちらもチェックしてみてください。

アンテナ可動の横置きならArcher AX72もいいかもですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました